top of page

なぜ?医者は運動をすすめるのか?

運動効果

①    肥満、心臓病、脳血管疾患(脳卒中)、成人型糖尿病、骨粗鬆症、になる可能性を低下させる。

②    善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールと中性脂肪を減らす。

③    血管年齢が若返り、血圧を改善させる。

④    脳の神経細胞を新しく作り出し、認知症リスクを低下させる。

⑤    若さを保つ上で重要なホルモン(成長ホルモン、DHEA、テストステロンなど)の分泌が維持される。

⑥    持久力が上がり、疲れいくくなる。

⑦    基礎代謝が向上して、太りにくくなる。

 

健康診断やかかりつけの医者から運動行ってくださいと言われる理由が上記である。運動はいつ始めても遅すぎることはありません

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

予防医療とは何か?初めて知る人のための解説

予防医療とは、病気を発症する前に、健康状態を維持するための医療のことです。つまり、病気になる前に予防することを目的としています。従来の医療は、病気になった時に治療することが主な目的でしたが、予防医療は、健康な人に対してもアプローチして、健康維持に役立つ情報やアドバイスを提供することが特徴です。 予防医療の具体的な取り組みには、定期健康診断、生活習慣改善、適切な栄養摂取、運動、ストレス管理などが挙げ

関節の負担を減らして、快適な日常を手に入れよう

関節の負担を減らして、快適な日常を手に入れるためには、適切なケアや生活習慣の改善が必要です。今回は、そのための具体的な方法をご紹介します。 まず、運動についてです。関節に負担を掛ける運動は避けたメニューを取り入れましょう。例えば、水中ウォーキングやサイクリングトレーニングなどがおすすめです。 次に、食生活についてです。健康的な食事を心がけ、体重をコントロールしましょう。肥満は関節に負担をかけるため

年齢とともに増える関節疾患。運動で予防しましょう!

年齢を重ねると、関節疾患が増えることがありますが、適切な運動を行うことで予防することができます。 運動による関節疾患予防には、以下のポイントがあります。 運動は軽いものから始める      運動不足から一気に激しい運動を行うと、関節に負担がかかります。徐々に負荷を増やし、自分に合った運動を継続することが大切です。 運動は定期的に継続する       運動の効果を得るためには、定期的に継続することが

Comments


bottom of page