top of page

将来の人口構成図

日本は世界で最初に『超高齢社会』を迎えた国となっています。補足ですが、65歳以上の高齢者人口が7~14%の社会を『高齢化社会』、14~21%の社会を『高齢社会』、21%を超えると『超高齢社会』と呼んでいます。ちなみに現代の日本総人口に占める高齢者の割合は、27.4%となっており、国民の4人に1人が高齢者となっています。

1965年当時の日本は、65歳以上の高齢者1人を20〜64歳の現役世代が9.1人で支える胴上げ型社会でした。2012年には高齢者1人を2.4人で支える騎馬戦型社会となり、今後の高齢化の更なる進行により、2050年には高齢者1人をほぼ1人の現役世代が支える肩車型社会を迎えると予想されている。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

予防医療とは何か?初めて知る人のための解説

予防医療とは、病気を発症する前に、健康状態を維持するための医療のことです。つまり、病気になる前に予防することを目的としています。従来の医療は、病気になった時に治療することが主な目的でしたが、予防医療は、健康な人に対してもアプローチして、健康維持に役立つ情報やアドバイスを提供することが特徴です。 予防医療の具体的な取り組みには、定期健康診断、生活習慣改善、適切な栄養摂取、運動、ストレス管理などが挙げ

関節の負担を減らして、快適な日常を手に入れよう

関節の負担を減らして、快適な日常を手に入れるためには、適切なケアや生活習慣の改善が必要です。今回は、そのための具体的な方法をご紹介します。 まず、運動についてです。関節に負担を掛ける運動は避けたメニューを取り入れましょう。例えば、水中ウォーキングやサイクリングトレーニングなどがおすすめです。 次に、食生活についてです。健康的な食事を心がけ、体重をコントロールしましょう。肥満は関節に負担をかけるため

年齢とともに増える関節疾患。運動で予防しましょう!

年齢を重ねると、関節疾患が増えることがありますが、適切な運動を行うことで予防することができます。 運動による関節疾患予防には、以下のポイントがあります。 運動は軽いものから始める      運動不足から一気に激しい運動を行うと、関節に負担がかかります。徐々に負荷を増やし、自分に合った運動を継続することが大切です。 運動は定期的に継続する       運動の効果を得るためには、定期的に継続することが

Comentarios


bottom of page