将来の人口構成図

日本は世界で最初に『超高齢社会』を迎えた国となっています。補足ですが、65歳以上の高齢者人口が7~14%の社会を『高齢化社会』、14~21%の社会を『高齢社会』、21%を超えると『超高齢社会』と呼んでいます。ちなみに現代の日本総人口に占める高齢者の割合は、27.4%となっており、国民の4人に1人が高齢者となっています。

1965年当時の日本は、65歳以上の高齢者1人を20〜64歳の現役世代が9.1人で支える胴上げ型社会でした。2012年には高齢者1人を2.4人で支える騎馬戦型社会となり、今後の高齢化の更なる進行により、2050年には高齢者1人をほぼ1人の現役世代が支える肩車型社会を迎えると予想されている。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

WHO(世界保健機関)の死亡原因に関する調査では、2016年は、 1位:虚血性心疾患 2位:脳卒中 3位:慢性閉塞性肺疾患 4位:下気道感染症 5位:アルツハイマー病とその他の認知症 6位:気管・気管支・肺がん 7位:糖尿病 2030年予想では、 1位:虚血性心疾患 2位:脳卒中 3位:慢性閉塞性肺疾患 4位:アルツハイマー病とその他の認知症 5位:下気道感染症 6位:糖尿病 7位:気管・気管支・

WHO(世界保健機関)の調査では、平均寿命がもっとも長い国として、日本が世界1位で84.2歳です。厚生労働省が2019年に発表した資料によると、日本人男性の平均寿命は81.4歳、女性は87.5歳と発表されています。さらに健康寿命は、男性72.1歳で、平均寿命と約9年の開きがあります。女性の健康寿命は、74.8歳となっており、12年の開きがあり、男性以上に大きな差が生じています。今後、どれだけこの健

『人生100年時代』と言われている昨今では、70歳を超えて働くことを想定している人も少なくありません。そのために必要不可欠な要素として、『健康寿命』を延ばすことへの関心が年々高まっています。 健康寿命とは、平均寿命から日常的・継続的な医療・介護に依存して生きる期間を除いた部分を言います。 平均寿命は、寿命の長さを表しているが、健康寿命は日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命を維