医療費、介護費の将来予想される問題点

厚生労働省のデータでは、2020年社会保障予算ベースで、年金、医療費、介護費、子育て費などがあり、総額、約120兆円と示している。


その内、50兆円が医療費と介護費に振り分けられています。特にこの50兆円のうち、12.7兆円が介護費用と予想されている。


また、専門家たちの見解では、今後介護費は、年々増加傾向になり、2025年には15兆円、2040年には25〜26兆円の予算が必要になってくる事を予想している。


こういった具体的な予想数字を知る事で、今から出来る予防策を1人1人行う事が凄く大事であると考える。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

WHO(世界保健機関)の死亡原因に関する調査では、2016年は、 1位:虚血性心疾患 2位:脳卒中 3位:慢性閉塞性肺疾患 4位:下気道感染症 5位:アルツハイマー病とその他の認知症 6位:気管・気管支・肺がん 7位:糖尿病 2030年予想では、 1位:虚血性心疾患 2位:脳卒中 3位:慢性閉塞性肺疾患 4位:アルツハイマー病とその他の認知症 5位:下気道感染症 6位:糖尿病 7位:気管・気管支・

WHO(世界保健機関)の調査では、平均寿命がもっとも長い国として、日本が世界1位で84.2歳です。厚生労働省が2019年に発表した資料によると、日本人男性の平均寿命は81.4歳、女性は87.5歳と発表されています。さらに健康寿命は、男性72.1歳で、平均寿命と約9年の開きがあります。女性の健康寿命は、74.8歳となっており、12年の開きがあり、男性以上に大きな差が生じています。今後、どれだけこの健

『人生100年時代』と言われている昨今では、70歳を超えて働くことを想定している人も少なくありません。そのために必要不可欠な要素として、『健康寿命』を延ばすことへの関心が年々高まっています。 健康寿命とは、平均寿命から日常的・継続的な医療・介護に依存して生きる期間を除いた部分を言います。 平均寿命は、寿命の長さを表しているが、健康寿命は日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命を維