top of page

予防医療とは?

生活習慣病にならないよう、適度な食事、運動を日頃から行い、健康状態をできるだけ長く保つ事が予防医療として出来る事です。他にも予防接種や定期検診による早期発見、病気や怪我の再発防止も予防医療です。

なぜ??予防医療が大事かと言うと病気や怪我を未然に防ぐ可能性があるからです。病気や怪我を100%防ぐ事は出来ませんが、予防策を行うことで、確率をグッと減らすことが期待出来ると言われています。


例えば、普段から多くの方が行っている予防といえば、歯磨きだと思います。しかし、歯磨きを毎日行っていても虫歯や歯周病になる事はあります。もし、歯磨きを全く行っていなかったとしたら、虫歯や歯周病になる確率は、さらに高くなる事が予想出来ます。

将来の生活の質は、日々予防出来る事をやるかやらないかで変わります。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動効果 ①    肥満、心臓病、脳血管疾患(脳卒中)、成人型糖尿病、骨粗鬆症、になる可能性を低下させる。 ②    善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールと中性脂肪を減らす。 ③    血管年齢が若返り、血圧を改善させる。 ④    脳の神経細胞を新しく作り出し、認知症リスクを低下させる。 ⑤    若さを保つ上で重要なホルモン(成長ホルモン、DHEA、テストステロンなど)の分泌が維持さ

日本の全人口の平均年齢が『48.6歳』と言われています。他国では、アメリカ:38.1歳、カナダ:42.2歳、ブラジル:33.4歳、フィリピン:25.4歳です。他国と比較しても日本は、超高齢化社会なのがわかります。

厚生労働省のデータでは、少なくとも2001年から2016年までの15年間分のデータでは、要介護期間に大きな変動はありません。寿命と一緒に健康寿命も伸びていますが、その差がなかなか縮まらないのです。100年人生を謳歌したいなら、健康寿命をいかに伸ばせるかが鍵と言えます。

bottom of page