top of page

予防医療とは?

生活習慣病にならないよう、適度な食事、運動を日頃から行い、健康状態をできるだけ長く保つ事が予防医療として出来る事です。他にも予防接種や定期検診による早期発見、病気や怪我の再発防止も予防医療です。

なぜ??予防医療が大事かと言うと病気や怪我を未然に防ぐ可能性があるからです。病気や怪我を100%防ぐ事は出来ませんが、予防策を行うことで、確率をグッと減らすことが期待出来ると言われています。


例えば、普段から多くの方が行っている予防といえば、歯磨きだと思います。しかし、歯磨きを毎日行っていても虫歯や歯周病になる事はあります。もし、歯磨きを全く行っていなかったとしたら、虫歯や歯周病になる確率は、さらに高くなる事が予想出来ます。

将来の生活の質は、日々予防出来る事をやるかやらないかで変わります。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

予防医療とは何か?初めて知る人のための解説

予防医療とは、病気を発症する前に、健康状態を維持するための医療のことです。つまり、病気になる前に予防することを目的としています。従来の医療は、病気になった時に治療することが主な目的でしたが、予防医療は、健康な人に対してもアプローチして、健康維持に役立つ情報やアドバイスを提供することが特徴です。 予防医療の具体的な取り組みには、定期健康診断、生活習慣改善、適切な栄養摂取、運動、ストレス管理などが挙げ

関節の負担を減らして、快適な日常を手に入れよう

関節の負担を減らして、快適な日常を手に入れるためには、適切なケアや生活習慣の改善が必要です。今回は、そのための具体的な方法をご紹介します。 まず、運動についてです。関節に負担を掛ける運動は避けたメニューを取り入れましょう。例えば、水中ウォーキングやサイクリングトレーニングなどがおすすめです。 次に、食生活についてです。健康的な食事を心がけ、体重をコントロールしましょう。肥満は関節に負担をかけるため

年齢とともに増える関節疾患。運動で予防しましょう!

年齢を重ねると、関節疾患が増えることがありますが、適切な運動を行うことで予防することができます。 運動による関節疾患予防には、以下のポイントがあります。 運動は軽いものから始める      運動不足から一気に激しい運動を行うと、関節に負担がかかります。徐々に負荷を増やし、自分に合った運動を継続することが大切です。 運動は定期的に継続する       運動の効果を得るためには、定期的に継続することが

Comments


bottom of page