予防医療とは?

生活習慣病にならないよう、適度な食事、運動を日頃から行い、健康状態をできるだけ長く保つ事が予防医療として出来る事です。他にも予防接種や定期検診による早期発見、病気や怪我の再発防止も予防医療です。

なぜ??予防医療が大事かと言うと病気や怪我を未然に防ぐ可能性があるからです。病気や怪我を100%防ぐ事は出来ませんが、予防策を行うことで、確率をグッと減らすことが期待出来ると言われています。


例えば、普段から多くの方が行っている予防といえば、歯磨きだと思います。しかし、歯磨きを毎日行っていても虫歯や歯周病になる事はあります。もし、歯磨きを全く行っていなかったとしたら、虫歯や歯周病になる確率は、さらに高くなる事が予想出来ます。

将来の生活の質は、日々予防出来る事をやるかやらないかで変わります。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

WHO(世界保健機関)の死亡原因に関する調査では、2016年は、 1位:虚血性心疾患 2位:脳卒中 3位:慢性閉塞性肺疾患 4位:下気道感染症 5位:アルツハイマー病とその他の認知症 6位:気管・気管支・肺がん 7位:糖尿病 2030年予想では、 1位:虚血性心疾患 2位:脳卒中 3位:慢性閉塞性肺疾患 4位:アルツハイマー病とその他の認知症 5位:下気道感染症 6位:糖尿病 7位:気管・気管支・

WHO(世界保健機関)の調査では、平均寿命がもっとも長い国として、日本が世界1位で84.2歳です。厚生労働省が2019年に発表した資料によると、日本人男性の平均寿命は81.4歳、女性は87.5歳と発表されています。さらに健康寿命は、男性72.1歳で、平均寿命と約9年の開きがあります。女性の健康寿命は、74.8歳となっており、12年の開きがあり、男性以上に大きな差が生じています。今後、どれだけこの健

『人生100年時代』と言われている昨今では、70歳を超えて働くことを想定している人も少なくありません。そのために必要不可欠な要素として、『健康寿命』を延ばすことへの関心が年々高まっています。 健康寿命とは、平均寿命から日常的・継続的な医療・介護に依存して生きる期間を除いた部分を言います。 平均寿命は、寿命の長さを表しているが、健康寿命は日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命を維