top of page

世界保健機関の死亡原因調査とは?

WHO(世界保健機関)の死亡原因に関する調査では、2016年は、

1位:虚血性心疾患

2位:脳卒中

3位:慢性閉塞性肺疾患

4位:下気道感染症

5位:アルツハイマー病とその他の認知症

6位:気管・気管支・肺がん

7位:糖尿病

2030年予想では、

1位:虚血性心疾患

2位:脳卒中

3位:慢性閉塞性肺疾患

4位:アルツハイマー病とその他の認知症

5位:下気道感染症

6位:糖尿病

7位:気管・気管支・肺がん

2060年予想では、

1位:虚血性心疾患

2位:脳卒中

3位:アルツハイマー病とその他の認知症

4位:慢性閉塞性肺疾患

5位:糖尿病

6位:下気道感染症

7位:腎臓病

今後、糖尿病やアルツハイマー病などの認知症が増えると予想されている。今後、技術の発展でどこまで克服されるかが課題とも言われている。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

予防医療とは何か?初めて知る人のための解説

予防医療とは、病気を発症する前に、健康状態を維持するための医療のことです。つまり、病気になる前に予防することを目的としています。従来の医療は、病気になった時に治療することが主な目的でしたが、予防医療は、健康な人に対してもアプローチして、健康維持に役立つ情報やアドバイスを提供することが特徴です。 予防医療の具体的な取り組みには、定期健康診断、生活習慣改善、適切な栄養摂取、運動、ストレス管理などが挙げ

関節の負担を減らして、快適な日常を手に入れよう

関節の負担を減らして、快適な日常を手に入れるためには、適切なケアや生活習慣の改善が必要です。今回は、そのための具体的な方法をご紹介します。 まず、運動についてです。関節に負担を掛ける運動は避けたメニューを取り入れましょう。例えば、水中ウォーキングやサイクリングトレーニングなどがおすすめです。 次に、食生活についてです。健康的な食事を心がけ、体重をコントロールしましょう。肥満は関節に負担をかけるため

年齢とともに増える関節疾患。運動で予防しましょう!

年齢を重ねると、関節疾患が増えることがありますが、適切な運動を行うことで予防することができます。 運動による関節疾患予防には、以下のポイントがあります。 運動は軽いものから始める      運動不足から一気に激しい運動を行うと、関節に負担がかかります。徐々に負荷を増やし、自分に合った運動を継続することが大切です。 運動は定期的に継続する       運動の効果を得るためには、定期的に継続することが

Comments


bottom of page